節電のためテレビを消す選択は効果的か?

テレビを視聴する時間が長い世帯にとりましては、大きな節電効果があると言えます。
実際の節電効果は、テレビの消費電力に依存しますので、
・テレビを購入した時期(古いほど消費電力は大)
・テレビの大きさ(大きいほど消費電力は大)
・液晶、プラズマの違い(プラズマの方が消費電力は大きかったのですが、最近はどちらも消費電力は変わりません)
によって、節電効果は異なります。

我が家のテレビは、10年弱使用したブラウン管のテレビが故障し、4年程前に42型のプラズマテレビを購入しましたが、消費電力は300W程ありました。

一般的な数字は野村総合研究所がまとめておりまして、消費電力は220W程で、照明、エアコンと同等の節電効果があるとのことになります。
http://www.nri.co.jp/news/2011/110415_1.html
画像

震災復興に向けた緊急対策の推進について
~第6回提言 家庭における節電対策の推進~
2011年4月15日
株式会社野村総合研究所

とは言いましても、最近、テレビ番組によっては視聴率が今までと比較して下がっているというニュースを見ます。飽きられているというのが、現状かもしれません。
テレビ制作側のシナリオ通りに番組が進行されスタイルが見抜かれているのではないか?最近のテレビの韓流は本当にブームなのだろうか?

ではこれまでテレビを見ていた人はどこに行ったのか?
それはネットの世界へ旅立ったと考えています。
YouTube、ニコニコ動画等、外圧なしに発信できる情報媒体。そこには、情報発信者が本当に伝えたい真実があります。その真実に直接アクセスできることは、今までにない楽しみを与えてくれました。

テレビからネットへ。時代は変わっていくのでしょう。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック