プリウスPHV試乗モニター 5日目 国際核融合エネルギー研究センター

六ヶ所次世代エネルギーパークの国際核融合エネルギー研究センターへ。
充電は研究センターの宿舎で行い、満充電の状態です (電気代は個人払い)。
画像



これまでは、高速道路か、片側二車線の信号のある道路がメインの走行ルートでしたが、一変して信号の少ない片側一車線の道路です。
ハイブリッドカーはブレーキを使用しますと回生ブレーキで電気が充電されるため、ある程度は信号があった方が燃費は良いというイメージがあるかと思いますが、この写真のような信号が少なく、緩やかな上り坂と下り坂の繰り返しの方が燃費は良いと思います。
これまでは満充電で17km程度の走行でしたが、本日は21kmも走行できました。
画像



国際核融合エネルギー研究センターに到着。
ここは核融合の実験を行っている研究施設です。
特殊な水素を燃料として、核融合反応という反応を使用し、発電を行います。この核融合反応は、太陽でも行われています。
自動車はガソリン、電車は電気で動きますが、ガンダムはこの核融合で動いています。とは言いましても、ガンダムはアニメーションの世界でして、いつかはガンダムが実現する日が来るかも?しれません。
私は原型炉R&D棟という実験棟へ行きました。
画像



核融合炉の燃料となる特殊な水素トリチウムは、リチウムを使用し、人工的に特殊な水素燃料を製造します。写真のように、ミリ単位の小さなリチウムセラミックスの球を核融合炉に入れる予定です。
材質はリチウムとチタンのセラミックス。これは電気自動車用のリチウムイオン電池にも使用されているセラミックスです。(日本の他社メーカー様の電気自動車になります)
画像

画像



私はリチウムの研究を行っていますので、核融合炉用の材料だけでなく、リチウムイオン電池に関係する研究も行っております。
本日は、夕食のために一旦外出し、もう一度実験棟へ。これも普段の行動パターンでして、宿舎から2往復程度の走行距離となりました。半分はEVのみの走行です!
画像

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック