実用化・産業化まで運頼みの研究継続

内閣府の最先端・次世代研究開発支援プログラム(平成23年2月~平成26年3月)。約3年間の「海水からのリチウム資源回収」の研究開発も、終わりが近づきました。 まとめの作業は、既に始まっています。 秋の学会シーズンが始まる前に、この研究開発の集大成となる特許を出願しました。 また、今週で、計画した外国出張での講演もすべて終えまし…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more