プリウスPHV試乗モニター 2日目-② 太陽光充電

節電の夏ですので、電力需要が高まるお昼~夕方の間の充電は自粛しています。
しかし、我が家の屋根には太陽光パネルが設置されており、太陽光発電を行っています。
そこで、
太陽光発電量-家庭で使用する電気量=余剰電力
この余剰電力でプリウスPHVを充電できるかどうか?を試しました。

本日はお昼に買い物に出かけた際、4km弱分に相当する電気を使用しました。このお昼に消費した電力を太陽光の余剰電力で充電したいと思います。
画像



本日13時の太陽光発電は2.47kWでして、家庭で1.15kW(猛暑日のためエアコンを使用中)を使用しており、充電前の余剰電力は1.32kWでした。
プリウスPHVは12Aの電流が流れるとWebサイトに記載があり、
http://toyota.jp/priusphv/001_p_001/charge/index.html
100V電源でkWに換算しますと1.2kWの電気を必要とします。余剰電力は1.32kW ですので、十分、太陽光発電での充電が可能と考えました。
画像



プリウスPHVを充電ケーブルに接続し、充電スタート!
画像



結果は予想外で、足りない電気が0.88kW発生しました。この不足分の電気を電力会社から買うことになってしまったのです。
プリウスPHVは1.2kWの電気を必要と考えていましたが、これは100V電源の場合。200Vですと、倍の2.4kWの電気が必要でした。
画像



急いで100V電源を探しましたが、残念ながらアース付きの屋外コンセントが近くにありませんでした。
結局、太陽光発電の余剰電力を利用した充電を諦め、最初の状態へ。
画像



電気の有効活用には、スマートハウスが必須であると実感しました。
http://www.toyotahome.co.jp/smarthouse/
プリウスPHV、家、太陽光発電、蓄電池の融合です。

明るい未来に向け、技術は常に進歩しています。リチウム資源に関する研究を行っている私を含め、様々な分野の研究者、技術者が、日々努力しております。

画像

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック