プリウスPHV試乗モニター 2日目-① 夜間充電

昨日帰宅後、夜間充電をタイマーで行う方法を勉強し、実行しました。 設定はプリウスPHV車内で開始時間と終了時間のどちらかを設定し、タイマーをセットします。私は開始時間で設定を行いましたが、ライフスタイルによっては、終了時間を活用することもあるでしょう。自宅は200Vでの充電で、約1時間30分で終了します。 充電ケーブ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

プリウスPHV試乗モニター 1日目 第一印象

茨城県は車が無いと移動に不便なため、一世帯に車2台のご家庭が多く、我が家は二代目プリウス2台を所有しています。 今回のプリウスPHV試乗モニターの機会に、CDプレーヤー等の調子が悪い、右側のプリウスを修理することにしました。 プリウスPHVの引き渡し場所は、東京のトヨタ東京カローラTプラザ金町店です。亀有と柴又に挟まれた…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

プリウスPHV試乗モニター 0日目 電源工事

まず最初に、簡単な自己紹介をしたいと思います。 私は、現在、内閣府の最先端・次世代研究開発支援プログラムの研究代表者として、リチウムイオン電池や核融合炉の材料として必要なリチウム資源に関する研究開発を行っております。 近年、地球温暖化緩和に向けた低炭素化社会実現や、省エネルギー技術の早期普及へ向け、電気自動車、家庭用蓄電池等の大…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

再生可能エネルギーで変わる電力需給バランス

再生可能エネルギーの固定価格買取制度により、太陽光、風力等による発電量の増加が見込まれます。 再生可能エネルギーの問題点は、発電量が安定しないことです。撮影許可を頂き、韓国・済州島のスマートグリッド・インフォメーションセンターにて紹介している実証試験の様子を写真で紹介します。白い線で囲みました通り、再生可能エネルギーでの発電量を安…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

オール電化は悪者ではない

「経済産業省の電気料金審査専門委員会が、オール電化割引の廃止を東京電力に求めた。」との報道がありました。 http://www.nikkei.com/article/DGXNASFS0203R_S2A700C1PP8000/ オール電化と聞きますと、電気vs.ガスが頭に浮かぶかと思います。 家庭で使用するエネルギーの28.7%…
トラックバック:1
コメント:2

続きを読むread more

南鳥島沖でのレアアース発見 -外交カードでの利用価値大-

「東京大学等の研究チームが南鳥島沖で国内消費200年超のレアアースを発見」という報道がありました。 http://www.nikkei.com/article/DGXNASGG29005_Z20C12A6MM0000/ 記事にもあります通り、課題は多々あるかと思います。主な課題としては、以下が挙げられます。 課題1)水…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

高まるリチウム資源確保の重要性 -アメリカの学会に招待される-

6/17(日)~22(金)の6日間、韓国の済州にてリチウムイオン電池の国際会議に出席しました。 世界各国のリチウムイオン電池に携わる研究者約2000人が集まる国際会議です。 特に韓国、中国からの参加者が多く、アメリカの大学や研究所に所属している韓国人、中国人というケースも多く見られました。この状況では、日本人は内向きであるこ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

世界1位のスパコン“京” 次は成果1位に期待

世界1位のスーパーコンピューター京を見学しました。 撮影許可を得られた部分を紹介したいと思います。 テレビでは東京ドームぐらいの大きな建物というイメージがありましたが、最近のスーパーコンピューターは小型化されており、斬新なデザインながらも意外にコンパクトな建物でした。 まず案内頂いた場所は、スーパーコンピューター京のフ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ラインナップが課題のLED電球

省エネ活動の一環として、白熱電球をLED電球に交換する流れが見られます。我が家も省エネ活動として、白熱電球をLED電球に交換しました。 一般的に、60Wの白熱電球をLED電球に交換しますと10W程度になり(白熱電球と同等の明るさを求める場合)、電球一つで50Wも節電に成功できます。 ここでふと思い出すのが、電球型の蛍光灯。L…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

分かりやすい説明の罠

民主党政権に変わって以来、「分かりやすい説明」がキーワードになっています。池上彰さんを見れば、分かりやすい説明が重要であることは確かです。しかし、最近、私が危機感を抱いていることは、“分かりやさが評価の尺度になっている”事です。中身が伴っていないにもかかわらず、評価が高いという現象です。 「分かりやすい説明」を求められて以来、分か…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

事業仕分けの先に明るい日本は存在する?

日本の予算は足りない。借金(国債残高)は右肩上がり。 よって、「必要なものに重点的に投資をし、不必要なものは切る」という事業仕分けであれば、必要性は理解します。 しかし、今の事業仕分けは、その先に日本の明るい未来が見えないことが問題と感じます。本当に重要なのは「無駄の削減」ではなく、「将来目指す事業の推進」と考えます。 アメリ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

節電のためテレビを消す選択は効果的か?

テレビを視聴する時間が長い世帯にとりましては、大きな節電効果があると言えます。 実際の節電効果は、テレビの消費電力に依存しますので、 ・テレビを購入した時期(古いほど消費電力は大) ・テレビの大きさ(大きいほど消費電力は大) ・液晶、プラズマの違い(プラズマの方が消費電力は大きかったのですが、最近はどちらも消費電力は変わりません…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

橋下市長が脱原発にこだわる理由

橋下市長のマニフェストは以下の4つが柱となっています。 http://oneosaka.jp/pdf/manifest01.pdf 政策1)大阪都構想 政策2)公務員制度改革 政策3)教育制度改革 政策4)エネルギー供給体制改革 しかし、橋下市長がこだわる脱原発に関しては、原発依存度を下げる程度しか記載されておらず、エネルギ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

東電社外取締役を選択した数土氏 報酬0円は適性価格?

東京電力の社外取締役に就任する予定であるNHK経営委員長の数土氏は、NHK委員長を辞任する意向を示しました。 様々な批判を一言でまとめると、 「NHKと東電との利益相反関係は報道の中立性を損ねかねない」 となりますが、兼職そのものは、法的には問題はありません。 民放でしたら、確かに広告収入等で利益相反関係がありそうですが…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

もんじゅ廃炉への“望み”と“リスク”

高速増殖炉もんじゅは、原発の使用済核燃料であるプルトニウムやウランを使用し、発電できることを実証するための原子炉です。使用済核燃料を使用することから、新たな燃料を海外から購入する必要がなく、実現すれば準国産のエネルギーとも言われています。 しかしながら、原発の安全性への懸念、核燃料サイクルの展望が不透明等の理由で、このもんじゅを廃…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

プリウスPHV 10days 試乗モニターキャンペーン 2回目エントリー

「プリウスPHV 10days 試乗モニターキャンペーン」 に応募しました。 前回は外れてしまいましたので、2回目になります。 今度こそ、 リチウム関連の研究者として今後の研究方針等を考える上で良い経験となりますと共に、 研究者としての立場から、PHVの現状を皆様にレポートできればと思います。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

グリーンイノベーションを加速する再生可能エネルギー固定価格買取制度の提案

再生可能エネルギーの固定価格買取制度が平成24年7月1日から新たにスタート致します。 例えば、メガソーラーですと、42円で20年間の買取が保証されます。 しかしながら、この制度に不安という意見は少なくありません。 ドイツでは以前より同様の制度による買取を行っていましたが、世界的に有名なドイツのソーラーパネルメーカーであるQセル…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

太陽光発電が活躍する時期はいつ?

1年間のうち、最も太陽光発電が活躍する月(最も発電量が多い月)はいつでしょうか? 1)日差しの強い7月や8月の夏 2)昼間の時間が一番長い夏至(6月下旬頃) が最初に思いつくのではないでしょうか? それでは、我が家の昨年(2011年)の太陽光発電量の各月による変化を次の図で紹介します。 意外と思う方も少なくないでし…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

太陽光発電のみで電気を自給自足する家は実現するか?

太陽光発電のみで電気を自給自足する家は実現するか? 私の回答を申し上げたいと思います。 答えは“今の技術では不可能”です。 上図は、4kWの太陽光パネルを設置した我が家の、2012年1月の太陽光発電の1日毎の発電量変化(緑の木のマーク)と、家庭で消費する1日毎の消費電力(青色の折れ線グラフ)になります。 …
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more