テーマ:太陽光発電

「原発ゼロ」から「現実的な提案」へのススメ

「原発ゼロ」。 この言葉に賛同すればするほど、原発ゼロのゴールが遠ざかっていると思います。 理由は簡単。 “原発はゼロにしたいが、化石燃料も使いたくない” これでは、さすがに多くの支持を得ることは困難でしょう。 再生可能エネルギーは、発展途上なエネルギー。天候の影響が大きいことは、既に自明です。 しかし、「原発ゼロ」…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

太陽光発電と家庭用蓄電池のダブル利用の実力

11月に、レンタルを利用し、家庭用蓄電池を設置しました。 <蓄電池レンタルサービス:http://oneenergy.co.jp/> 冬の電力需要のピークは17~19時と言われています。 http://www.tepco.co.jp/forecast/html/chigai-j.html 太陽光発電の時間帯は…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

再生可能エネルギーで変わる電力需給バランス

再生可能エネルギーの固定価格買取制度により、太陽光、風力等による発電量の増加が見込まれます。 再生可能エネルギーの問題点は、発電量が安定しないことです。撮影許可を頂き、韓国・済州島のスマートグリッド・インフォメーションセンターにて紹介している実証試験の様子を写真で紹介します。白い線で囲みました通り、再生可能エネルギーでの発電量を安…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「育エネ」に求める自由化

自宅に一枚のお知らせが届きました。 再生可能エネルギー賦課金に関するお知らせです。 キャッチフレーズは「育エネ」。 http://bit.ly/JvwWWm そして、「育エネ」には3つのメリットがあるということです。 http://www.enecho.meti.go.jp/saiene/ikuene/what/i…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

グリーンイノベーションを加速する再生可能エネルギー固定価格買取制度の提案

再生可能エネルギーの固定価格買取制度が平成24年7月1日から新たにスタート致します。 例えば、メガソーラーですと、42円で20年間の買取が保証されます。 しかしながら、この制度に不安という意見は少なくありません。 ドイツでは以前より同様の制度による買取を行っていましたが、世界的に有名なドイツのソーラーパネルメーカーであるQセル…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

太陽光発電が活躍する時期はいつ?

1年間のうち、最も太陽光発電が活躍する月(最も発電量が多い月)はいつでしょうか? 1)日差しの強い7月や8月の夏 2)昼間の時間が一番長い夏至(6月下旬頃) が最初に思いつくのではないでしょうか? それでは、我が家の昨年(2011年)の太陽光発電量の各月による変化を次の図で紹介します。 意外と思う方も少なくないでし…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

太陽光発電のみで電気を自給自足する家は実現するか?

太陽光発電のみで電気を自給自足する家は実現するか? 私の回答を申し上げたいと思います。 答えは“今の技術では不可能”です。 上図は、4kWの太陽光パネルを設置した我が家の、2012年1月の太陽光発電の1日毎の発電量変化(緑の木のマーク)と、家庭で消費する1日毎の消費電力(青色の折れ線グラフ)になります。 …
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

浮島太陽光発電所 夏と冬の比較

東京電力の浮島太陽光発電所(メガソーラー)の発電データを、夏と冬で比較しました。 2011/8/18 天気:晴れ 発電時間帯:6時~17時 最大出力:約5200kW 1日の発電量:41,955kWh 2011/12/27 天気:晴れ 発電時間帯:8時~16時 最大出力:約4800kW 1日の発電量:26,…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more